スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
息子が通う保育園
 息子が入園してはや2ヶ月。朝、送り出す時は相変わらず

駄々をこねまくるものの、おんなじクラスのお友達とは仲良くやってい

るようで、本人も保育園ライフは楽しんでいるみたいです。


さて、ここの保育園は仏教系で、お昼を食べる時

「御仏とみなさまのおかげによりこのごちそうをめぐまれました。
 お父さん、お母さんいただきます。先生いただきます。」

と園児達がいっせいに言うようで、うちの息子はそれを

家に帰ってきてそのまましゃべっております

しかし、家に帰ると食卓にはつこうとせず、おじいちゃんおばあち

ゃん、私が食べた後で、ようやくご飯をたべだす息子。それをおばあち

ゃんにしかられると、息子はすかさず


「御仏とみなさまの・・・」

と大きな声でだけ言っただけで、ご飯をろくにたべてくれませんで

した。

そんな息子、連絡帳に

「給食をいつも残しています」

と書かれてしまいました。


実際うちの息子家でもすごい偏食で

ご飯、麺類、きゅうり、もずく、納豆、豆腐、のり

ぐらいしか食べません。本当に食べるものが限られています


ブログランキングに参加しています!


【2006/06/08 22:46】 | 予備軍時代 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
気をつかう気を配る
初めてのごらんになる方へ

このシングルマザー予備軍日記の前のいきさつを知りたい方は

シングルマザー予備軍日記(旧)をごらんください。





今年の正月号の「すてきな奥さん」に、近藤典子さんと江原哲之さんの対談が

のっていまして、その中で気になる言葉がありました。

それは、

「気をつかう」はひとりよがりの押し付け

です。

ちょっと対談の中から抜粋


江原さん 

ぼくは常々「気はつかうものではなく、きかせるもの」と言うんですが、気をつかうのは自分を愛しているから、気を利かせるのは相手を愛しているから、似て非なる言葉なんです。

近藤さん
私は関西生まれなので、
「気は使うと気(気持ち)がなくなってしまう。(もったいない)だから気は配って歩け」といっています。そして、配る時には必ず相手の顔を見て、相手の反応をうかがってきなさい、と。 


この対談を目にしてから数ヶ月。何か私の中でひっかかる内容です。

なぜなら、うちの旦那は、気を使うことは金をつかうことという

ところがあり、うちの旦那からお歳暮とかお中元をもらったうちの

両親がよく

「お金がないのに、こんなに気を使わなくてもいいのに。
 申し訳がない」

ともらしていました。確かに旦那はお歳暮やお中元、お礼、謝礼

などなど本当にこまめにするところがあります。だけどもらった方はう

れしいというより恐縮してしまうというか、極端なお話、押し付けがま

しさすら感じていた人も少なくなかったようです。


そういえば、旦那の家に同居した頃、義妹が仕事をしていたことも

あって、義妹の娘(当時2歳)がいつも旦那の家にいて、いままで

おじいちゃんおばあちゃんに大事にされていたのに、息子(まだ一歳前)

にスターの座をうばわれたのに嫉妬して、義妹の娘が息子を小突いたり

するようになりました。

すると旦那はそんな姪っ子の機嫌をとるために、自分のポケットマネー

をはたいてケーキを何種類も買っていたことがありました。

どうも、旦那の家の人たちというのは、お金や物で気持ちを推し量ろう

っていうところがあるのです。

それで「気を使うのは一人よがりのおしつけ」という言葉が妙に

旦那にしっくりくるのでした。








これからもよろしくお願いします!






【2006/06/07 22:20】 | 予備軍時代 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。