スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
改訂版 モラハラ離婚が急増中
妻や恋人から別れを告げられる。

手を上げたことも、金で迷惑をかけたこともないのに・・・。理由は

「モラハラ」。

こうしたケースがホワイトカラーのサラリーマンを中心に急増してい

る。著書に「男と女の法律戦略」「離婚裁判」がある弁護士の荘司雅彦

氏の説明を聞こう。

「モラハラはモラル・ハラスメントの略。言葉や態度で心を傷つける精

神的暴力です。04年の家裁の統計では、離婚調停を申し立てた女性の

4人に1人以上(25.7%)が『精神的に虐待された』モラハラを理由

に挙げている。2年後の現在は3人に1人程度まで増えていると思う。夫

や恋人の別れを考える女性の半数くらいがモラハラの被害を感じている

のです」

たとえば「誰のおかげで生活できるんだ!」と妻に言うのは、モラハラ

だ。今年4月内閣府が公表した「男女間における暴力に関する調査」よ

ると、20代女性の半数以上(51.9%)が、「誰のおかげ」発言を

「(状況によらず)どんな場合でも暴力にあたる」と答えている。亭主

関白ぶった発言はまだ分かりやすいが、「エッ、こんなことが?」とい

うのもある。別表でチェックして、複数項目で思い当たる人は要注意

だ。

「モラハラをはたらきがちなのは、公務員とか行員とか、お堅い仕事に

従事している中高年、高収入、高学歴で、外面の良い、お山の大将タイ

プです。結婚したり、子供ができると自分の支配下になると思い、精神

的に追い込んだり、仕事のストレスのはけ口にしてしまうんです。最大

の特徴は加害男性の多くに自覚がないこと。本人は普通と思っているこ

とが相手をおとしめていて、うつや自殺にまで追い込んでしまうケース

も目立っています」(荘司雅彦氏=前出)

04年思考の改正DV(ドメスティック・バイオレンス)法では、精神的

に有害な影響を及ぼす言動も抑止対象に加わった。モラハラは人権侵害

で訴えられることもあるのだ。


●モラハラ度チェックシート●

(1)「お前といると本当に疲れる」「こんな簡単なことがわからないの?」などと口にする


(2)疲れていたり気分が悪い時は無視することもある

(3)気に障るが、怒るのも面倒で、ため息や舌打ちをすることも

(4)子供や友人の前で笑いものにしたりバカにしたことがある

(5)家では家長である自分が一番偉い。妻は尽くすのが当然

(6)一緒のとき妻がつらそうな顔をする。あまり笑わずしゃべらない

(7)「どうして?」「言っていることがわからない」と追及する

(8)妻は恋人は低能だと思っている

(9)相手の趣味や特技が理解できない。正直くだらない

(10)自分以外の人間とは接触しないで欲しいのが本音 


【2006年7月25日ライブドア掲載】
スポンサーサイト
【2006/08/23 20:51】 | モラルハラスメント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<モラハラがベーグルに載りました! | ホーム | ライブドアにモラハラのニュースが!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bokeboke3.blog64.fc2.com/tb.php/46-c442e475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。