スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
プライバシーの侵害
初めてのごらんになる方へ

このシングルマザーその後の日記のこれまでのいきさつを知りたい方は

シングルマザー予備軍日記をごらんください



同居していた時、本当にいろいろありました。

他人の家族の中に、よそもんが一人乗り込んで住む、

こんな大変な経験、今振り返ってもそうそうできるものじゃありません。

さて、今日のテーマの「プライバシーの侵害」

話は、今から二年ぐらい前私と義母が子宮ガン検診をうけたところから

始まります。

ちょうど、子宮ガン検診の日のちょっと前から、膣口の辺りが

かゆくてしょうがなかった私。

そんなかゆいところをかかえて子宮ガン検診に行ったのです。

場所は、これまでもたびたびこのブログに登場した

M町役場。役場の前に子宮ガン検診の車がとめてあり、

そこで検診をしたのですが、

なにしろ、義母もいるのです。

義母の番のあと、私の番が回ってきました。

あんまり生々しいのでここからはパス。

とにかくかゆいところを検査したのですから、やはり検診のときに

そっちの方のことは、検査したお医者さんに指摘されました。



検査から数日・・悪夢は義母のその大きな声で始まりました。

「まるたまさーん。子宮ガン検診後のはがきがとどいたでーー!」

お義母さん、そんな大きい声で言わないで・・

みなさんご存知だと思いますが、検診で異常が見つかった場合、

再検査といったはがきが自宅に届きます。


義母はそのはがきを見るなりパニックになり、私は

そのはがきを義母の前であける羽目になりました。その内容は

「カンジダ膣炎ですので、病院で診てもらってください」

でした。

それからは義母から私に

かゆかったら下着はこんなものをつけろだのいろいろ指示がありました。

義母はもちろんのことカンジダ膣炎は、元旦那家族に知られてしまいました。


・・本来こういう病気というのは旦那にも内緒にしときたいんですが

ここは同居という特殊な環境。プライバシーってもんが守られてません。

幸い、病院にいくまえに、かゆみはとれましたが。



この義母、今回のことに限らず、私が妊婦検診したとき、血糖値が

+になったときも、大げさに騒ぎ立てて、義母は知り合いの保健師の

ところにいって、血糖値の検査のセットをもらいに行ったぐらいです。

お義母さん、おせっかいもここまできたら、迷惑ですよ・・・。


ブログランキングに参加しています!


スポンサーサイト
【2006/06/23 09:12】 | 同居 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<心の傷 | ホーム | そこまで言うかー!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bokeboke3.blog64.fc2.com/tb.php/20-16125a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。