スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ブログ始動前日の日記発見
 さて、シングルマザー予備軍日記をブログとして立ち上げたのは

去年の9月10日でした。

ところが、その前日の出来事を記した日記が発見されました。


その日記に書いてある出来事は次のとおり。


2005年9月9日(金)

不安。昨日調停の申込書をお父さんと一緒に裁判所に提出。

調停は一ヵ月後の予定。二週間後に郵便で■■さん(元旦那)

に出廷命令が来るという。

彼に、勝手にそんなことをしやがって、って言われたらどうしょう。

■■さんの親や●●さん(義妹)ののしられたらどうしょう。

 向こうの親と縁切るとなると大変や。

うちのお母さんが握手して、これからがんばろうと励ましてくれた

のには泣けた。

私の味方は、実家にいればいっぱいいる。



ブログランキングに参加しています!


スポンサーサイト
【2006/06/27 12:40】 | 予備軍時代 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
義母来襲より~嫁の逆襲編~
以前、あった出来事で、すでに「シングルマザー予備軍日記」でも

かいてきた
義母来襲ですが、

あの時のブログでは、私が義母とどういう応酬をしたのか、興奮しすぎ

てかけませんでした。何しろ、極限状態でしたし、これまでのシン予備

の中でも義母バトルは極限状態の中でやってました。

さて、あの時の応酬を思いながらここで再現してみると・・


去年12月23日の昼下がりの出来事。

義母、うちの家に入ってくる。

義母「M町役場で私恥、かかされたわ。あんたのお父さんは二枚舌や」

M町役場で私と父は、息子の住民票が、私の住むT町にあるのにM町にある
のはおかしいと異議ととなえました。それで、元旦那宅に役場の人たち
が、何回か確認のために、訪れているのです。


私は、思わずかっとなり、


「二枚舌はあなたのほうでしょう!」

今まで、口の達者な義母の口にまけていた私。そんな私の目の前で

義母は息子を元旦那の実家につれて帰ろうとしています。

私は必死です。

義母「もう、M町の家では離婚の話し合いはついたでしょう。協議離婚にしてもらう」

「いいえ!話し合いがついていないから、調停の申し立てしたんですよ。」

義母「まるたまさんは、前に△△(息子)を置いて、実家に帰りたいっ   て言ってたやんか」

私「いいえ!あの時は何を言ったか忘れました。うつがひどくて記憶力  が鈍っていたんです」


義母「そんなん、いいわけにならん」


ああ・・思い出すと凄まじいです。


結局、義母は退散しました。




【2006/06/25 05:46】 | 予備軍時代 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
調停前日
初めてのごらんになる方へ

このシングルマザー予備軍日記のこれまでのいきさつを知りたい方は

シングルマザー予備軍日記(旧)をごらんください。







今度の調停、いままでと違うことがあるんです。決定的に。

 

さて、みなさんなんだと思いますか?



それは



それは



それは


それは






旦那と同席の調停なんです!!


はあ・・・

やめてくれ、

やめてくれ

やめてくれ


ズビズバ・・・BY 左ト全の老人と子供の

ポルカ



正直、同席は拒否したい・・


そんな弱気なワタクシにご一票を




【2006/06/11 12:43】 | 予備軍時代 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
フラッシュバック
初めてのごらんになる方へ

このシングルマザー予備軍日記のこれまでのいきさつを知りたい方は

シングルマザー予備軍日記(旧)をごらんください。




フラッシュバック。

それはある日突然やってきます。

去年の12月23日に、義父母が自家用車のクラウンに乗ってきて

玄関先で義母が息子を連れて帰ろうとした出来事がありました。

(くわしくは2005年12月23日のブログにて)

以来、クラウンが走っているのを見ると、旦那や義父母が乗っているの

ではないかと、胸がどきどきして苦しくなります。

あと、昨日どうしても行かなくてはいけない用事があり、

旦那の行きつけの店をドライブしました。旦那によく連れて行かれた

あの道、そして店。

これだけでもどうしょうもなく、心苦しくなります。


旦那と一緒にいる時のあの息苦しくぴりぴりした空気が

よみがえってきて、自分を殺していかなければならなかった

日々。

その日々から一年になろうとしていますが、

まだまだフラッシュバックに悩まされそうです。


【2006/06/10 16:38】 | 予備軍時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
息子の食生活
昨日に引き続いて、息子の食生活のお話。

同居していたころ、旦那の家はつねに義妹の子供たちがいたので

義父母のいる母屋にはつねに、お菓子やジュースがおいてありました。

旦那いわく

「子供がいつきてもいいようにお菓子は置いておくものだ」

はあ?



そんな誘惑の多い母屋に息子はよく行っていた訳で、

義母は平気で、コーラとかポカリスエットやとんがりコーンといったス

ナック菓子を与えていたわけです。

それに、カップラーメンも夜、息子に食べさせていたものです。




その義母はまあ、食生活にアバウトな人で

レトルト食品をあたえないと、学校や幼稚園の給食でレトルト

食品でも出された時に困る」


だなんて言うんですよ。は~めちゃくちゃでしょう。

なんでもうちの旦那が小学校の給食が嫌いで食べなかったという
理由だそうです。

義母は地域活動が大好きな人で、その地域活動の一環で小学校でお料理

を教えに行っていることが多い割には、家の中の台所は乱雑きわまりな

く、冷蔵庫は食品がぎゅうぎゅうづめ、お惣菜が食卓に並ぶことが多い

です。


対照的に私の実家はレトルト、炭酸飲料、清涼飲料水は厳禁な食生活

で、息子が私の実家で生活するようになってしばらくは

コーラやポカリスエットを欲しがって、私の母を驚かせていました。

現在はスナックは少量は許していますが、コーラやポカリは厳禁の息

子。

(ポカリスエットは、病院の点滴と同じ成分が含まれているので、毎日

飲ませると腎臓に悪いと聞いてるし、コーラは歯が弱くなるので

いいことないようです。)




ブログランキングに参加しています!




【2006/06/09 23:17】 | 予備軍時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。