スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
元旦那の家  超個性的な台所編
 私が住んでいた元旦那の家の離れ。

もともと元旦那と元義妹の勉強部屋をリフォームしたもの。

しかしリフォームとは名ばかりでもあった。


私の主婦として、一日の三分の一をしめる台所。

この台所がとてつもなく曲者だったことを、ブログにはじめて書き留め

ておこう。


台所はおそらく6畳分の広さもなく、土間である。

しかも、この台所は洗面所アンド風呂、居間より一段低く、おそらく段

差が一メートルあるかないかだった。


その居間や台所へ上がるためのスノコがこの台所にはあった。
洗面所の広さはたった一畳分あるかないかの大きさ。


話を台所に戻してみると、

流し台の左隣にはなんと




洗濯機と乾燥機があった。




そんな台所でどうやって洗濯物をほしていたのかというと、

台所に設置されていたテーブルに洗濯かごをおいて洗濯物を

取り出してたたみ、離れのそとにある物干し竿でほしていた。

物干し竿は、義母と共用なので、左半分が義母、右半分が私

という風にほしていた。


まだまだ驚くのははやい。

台所の電気は、古かったためすぐ電気がこわれ、

夜、お皿洗いをするとき、洗面所と居間の電気を頼りに暗がりの中

やっていた。

そんな窮状を元旦那がみかねて、居間の電気を台所に移すという話

を何度か口にしていたのに、とうとうそれは実現されなかった。

つくづく元旦那はけちだな~そんなんだったら、台所の電気は台所の

電気って買えばいいのに!!!


そんな超個性的な台所にたつ日々は二年近かった。




ブログランキングに参加しています!


スポンサーサイト
【2006/07/24 12:33】 | 同居 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
元旦那の家について
これまでも、嫁姑バトルならびにモラハラの舞台となった

元旦那の家。

今日は元旦那の家がどんなだったかというお話をしてみましょう。

まず、元旦那の家は田園地帯ののどかなところにあり、

元旦那の家の前を通っている道は車一台がやっと通れる幅です。


元旦那の家は大きな門があり、門の中には

ガレージが二つ。義父の車クラウンと、義父が農作業に使う軽自動車

がそれぞれ収められています。

軽自動車は元旦那が通勤に使っていました。

その門の左隣にある空いたスペースには元旦那のゴルフの練習台があり
(ほとんど使われている様子なし)

そこには私が乗っていたスターレット(義妹がお下がり)が置いてあり

ました。




母いわく

「家がぼろいわりには、門構えが変に立派なのは

 見栄っ張りなんやで」

でした、実際この母の言うていることは当たっておりましたが。

そしてこの門をくぐると

雑多に植えられた植木がうようよ

椿、松、ペパーミント、きんかん、にら、その他面々・・

これほど植えていて手入れが行き届いておらず、プランターも

古くて使われていないのが庭にゴロゴロしておりました。

そして、石灯籠、石畳がこれまたアンバランスに設置されていました。


この門をまっすぐ入ったところにあるのが

義親が住んでいる母屋、その母屋の前の道を右に行ったのが

私達夫婦が住む離れがありました。



ブログランキングに参加しています!

【2006/07/01 11:33】 | 同居 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
プライバシーの侵害
初めてのごらんになる方へ

このシングルマザーその後の日記のこれまでのいきさつを知りたい方は

シングルマザー予備軍日記をごらんください



同居していた時、本当にいろいろありました。

他人の家族の中に、よそもんが一人乗り込んで住む、

こんな大変な経験、今振り返ってもそうそうできるものじゃありません。

さて、今日のテーマの「プライバシーの侵害」

話は、今から二年ぐらい前私と義母が子宮ガン検診をうけたところから

始まります。

ちょうど、子宮ガン検診の日のちょっと前から、膣口の辺りが

かゆくてしょうがなかった私。

そんなかゆいところをかかえて子宮ガン検診に行ったのです。

場所は、これまでもたびたびこのブログに登場した

M町役場。役場の前に子宮ガン検診の車がとめてあり、

そこで検診をしたのですが、

なにしろ、義母もいるのです。

義母の番のあと、私の番が回ってきました。

あんまり生々しいのでここからはパス。

とにかくかゆいところを検査したのですから、やはり検診のときに

そっちの方のことは、検査したお医者さんに指摘されました。



検査から数日・・悪夢は義母のその大きな声で始まりました。

「まるたまさーん。子宮ガン検診後のはがきがとどいたでーー!」

お義母さん、そんな大きい声で言わないで・・

みなさんご存知だと思いますが、検診で異常が見つかった場合、

再検査といったはがきが自宅に届きます。


義母はそのはがきを見るなりパニックになり、私は

そのはがきを義母の前であける羽目になりました。その内容は

「カンジダ膣炎ですので、病院で診てもらってください」

でした。

それからは義母から私に

かゆかったら下着はこんなものをつけろだのいろいろ指示がありました。

義母はもちろんのことカンジダ膣炎は、元旦那家族に知られてしまいました。


・・本来こういう病気というのは旦那にも内緒にしときたいんですが

ここは同居という特殊な環境。プライバシーってもんが守られてません。

幸い、病院にいくまえに、かゆみはとれましたが。



この義母、今回のことに限らず、私が妊婦検診したとき、血糖値が

+になったときも、大げさに騒ぎ立てて、義母は知り合いの保健師の

ところにいって、血糖値の検査のセットをもらいに行ったぐらいです。

お義母さん、おせっかいもここまできたら、迷惑ですよ・・・。


ブログランキングに参加しています!


【2006/06/23 09:12】 | 同居 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そこまで言うかー!
最近、またフラバがはじまってます。

元旦那のモラハラぶりはこれまで書き尽くしてきたつもり・・だったの

ですが、この頃は、同居していた時の生活ぶりがいろいろ思い出されて

気が重いです。

ということで、またまた辛気臭い話題になりますので、みなさんこらえ

てくださいませ。


同居していた頃、元旦那と喧嘩をすれば、必ずといっていいほど、

元旦那が義母を呼んでくるのですが、

その中でここまでいうかー!ってせりふを浴びせられたのを

思い出しました。

それは・・




「あんた、離婚を口にしているけど

■■(元旦那)に女ができたらもっとやっかいやでー!」



最近このせりふを思い出して、私の頭がガンガン鳴り続けております。


でもですね、今思うと、元旦那に女が出来て、既成事実が出来ていれば

もっとすんなり離婚できたと思うのに。


調停員だった夫を持つ、私の伯母はよく

「まるたまも■■さんも、まじめでギャンブルもない、不倫したわけ

じゃないから、なかなか離婚が難しい」


と言っております。


それにしても、息子に女ができたらやっかいだ、だなんて

口にする義母

今でも腹がたってきます。


この人は、私達の夫婦仲引き裂くために、ありとあらゆる

言動を言うてきとるんやろうか、って感じのせりふはいてました。



ブログランキングに参加しています!


【2006/06/22 09:30】 | 同居 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
予備軍卒業
えー、昨日をもちまして、

私の肩書きが

「シングルマザー予備軍」

から

晴れて(?)

「シングルマザー」

になりました。

となると、我がブログの名前「シングルマザー予備軍日記」

ではおかしいわけです。

とはいえ、まだ、このFCブログさんに引っ越して一月足らず。

このままやめるのはなんか中途半端。

それに、ブログランキングが自己最高16位にあがることが

できたんですが、15位の人のinのポイントが開きすぎて

次の15位に食い込みたくても食い込みません。

あーー、せめてベストテン入りはしたかった(泣)

しかも、このブログを見ている家族には

「調停が終わってからこのブログをやめる」

って言ってしまったので、家族はここでやめると思っているわけです。



ちょっと休息とって、このブログの今後を考えようかと

思います。


ブログランキングに参加しています!
【2006/06/21 09:48】 | 同居 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。